ノーファンデーションの方法

お肌に優しいメイク法でおススメしたい方法はノーファンデーションです。

聞いたことがある人もいると思いますが、ノーファンデーションと聞いて勘違いしている人もいるようなので説明します。
ノーファンデーション=ノーメイクではありません
ではどう言う意味かと言うと、ノーファンデーションとはファンデーションを使わないと言う事です。
言葉のまんまですね。
ファンデーションを使わないと肌を綺麗に見せられないのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし、ちゃんとポイントを押さえれば肌を綺麗に見せることが出来ます。
自分の本来の肌色を生かせるのでとてもナチュラルで綺麗に見えます。
さらにファンデーションを使わないの肌に良い事がたくさんあります。
・メイク時間の短縮
・肌への負担軽減
・肌質の改善
・メイク崩れしにくい
・肌が綺麗になってくる
・クレンジングが簡単 など
他にも様々なメリットがあります。
今までのメイクを見直してみましょう。

 

 

方法はとっても簡単です。

1、下地をつける
下地は自分の用途に合ったものを選びましょう。
下地にはUVカット効果のあるものを使うと良いでしょう。
UVカット効果のないものを使う時は、先に日焼け止めを塗ってから下地をつけましょう。
何もつけずにいると紫外線など外部の刺激を直接肌に受けることになるので、必ず下地や日焼け止めをつけましょう。

 

2、合成ポリマーフリーのパウダーで仕上げ
合成ポリマーとはビニールのような化学物質です。
これが含まれているものを使うと肌にビニールをくっつけているのと同じになってしまいます。
そうなると肌が呼吸しづらくなったり、余分な皮脂が排出されなかったりしてしまいます。
それでは、ノーファンデーションの意味がなくなってしまいます。

 

これだけです。
本当に簡単ですね。
そしてシミやニキビ跡を隠したいと思う人も多くいると思います。
そうなるとコンシーラーを使うのが一般的ですが、ノーファンデーションの時にはコンシーラーも使いたくはありません
そこでコンシーラーの代わりに使うのがミネラルファンデーションです。
下地の後にミネラルファンデーションを細い筆などにつけて軽く気になるところにのせます。
これでノーファンデ−ションのお肌が完成です。

 

 

Koh Gun Do ナチュラルライティングパウダー

微細のパールパウダーのフェイルパウダー。
粉が全体に均一につきます。
色がしっかり着いているので、自分の肌色に合うか試してから買うことをおススメします。

 

ピジョン 薬用固形パウダー

ベビーパウダーですが、ノーファンデの時に意外とおススメです。
赤ちゃんもつけられるものなので、もちろん大人にも安心して使うことが出来ます。
つけ過ぎると真っ白になってしまうことがあるので、付属のパフよりもファンデーション用のものを使った方が綺麗に仕上がります。

 

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー

ナチュラルグラッセは天然素材100%にこだわっています。
そのため、お肌にはとても安心して使えます。
UV効果もあるので、下地にUV効果がなくてもOK。