クレンジングのポイント

肌に優しいメイクが出来てもクレンジングの際に肌に大きなダメージを与えている場合もあります。

クレンジング方法を間違っていたり、使うものによっても肌に大きな負担になりかねません
せっかく肌に優しいメイクをしたので、しっかり落とし方のポイントも押さえておきましょう。

 

 

ポイント1 クレンジング剤はクリームorミルクタイプがおススメ
肌に優しいメイクの際はクリームやミルクタイプのクレンジング剤がおススメです。
クリームやミルクタイプはオイルなどに比べると洗浄力は落ちます。
しかし、その分肌の潤いを残しつつメイクが落とせるのでお肌にとても良いです。
さらに肌に乗せたときの滑りも良く、負担をかけずに落とすことが出来ます。
オイルクレンジングは洗浄力がとても強いので、皮脂を必要以上にとってしまうので注意が必要です。
しっかりメイクの時だけに使うようにしましょう。

 

ポイント2 ポイントクレンジングを使う
アイライナーやマスカラがお湯で落ちるタイプのものならあまり使わなくても大丈夫です。
しかし、それ以外のものやグロスや口紅を塗った時は必ずポイントクレンジングをおこないましょう。
全体を一緒に落とそうとすると上手く落とすことが出来ません。
目元の場合は落とし残しが出来たり、落とす際に全体に広がり色素沈着の原因になってしまいます。
口元の場合も落とす際に回りに広がってしまいます。
なので、ポイントクレンジングで綺麗に最初に落としておきましょう。

 

ポイント3 ゴシゴシ禁止
ポイントクレンジングも全体のクレンジングも絶対にゴシゴシ強く擦らないで下さい。
特にポイントクレンジングの際は強く擦ってしまいがちです。
強く擦ってしまうと、肌が傷つき赤みやシワなどトラブルの原因になってしまいます。
なので、クレンジングの際はクレンジング剤をメイクになじませて少しだけ置いた後に優しく落とすようにします。
少し置くことでメイクにクレンジング剤がなじみ落としやすくなります。
ゴシゴシ禁止はお肌に対して常識です。

 

 

カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

お肌に優しく、洗い上がりが潤っています。
しっかりメイクの時には落とし残しが出る場合があります。
肌に優しい成分で出来ています。

 

アクセーヌ ミルキィクレンズアップ

毛穴の広がり黒ずみが気になる人には嬉しい角質柔軟成分を配合してあります。
角質柔軟成分は毛穴を塞ぐ余分な角質を柔らかくする効果があります。
肌に優しいのですが、乾燥肌の人は角質柔軟成分を刺激と捉える人もいるので注意が必要です。

 

YUI クレンジングミルク

無着色でアルコールフリーの弱酸性。
しっとりとした洗いあがりですが、汚れはしっかり落としてくれます。
手のひらで温めてから顔につけると落としやすいです。

 

ゲラン クレンジング クリーム SP

ウォータープルーフのメイクでも落とすことが出来るほどのクレンジングクリームです。
洗い上がりは潤いのある透明感のある洗いあがりになります。
ただ、容器が少々使いづらいのが難点。

 

プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

天然ミネラル泥配合。
強すぎない洗浄力ですが、酸化した皮脂まで落としてくれます。
肌なじみも良く使いやすい。