お肌に優しいメイク法

・最近化粧のりが良くない

・肌トラブルが改善されない(ニキビ・毛穴・くすみなど)
・素肌に自信がない
・今のままのメイクで将来の肌への負担が心配などなど
こんな悩みを持っている人はいませんか?
そんな人は肌に優しいメイクに変えてみてはどうでしょうか。

 

特に1番お肌に影響のあるベースメイク。
そこでおススメするのがノーファンデーションと言うメイク法です。
聞いたことがある人はいると思います。
しかし、正しいやり方など詳しく知っている人はそこまで多くないのではないでしょうか。
むしろノーファンデーションの意味を間違って解釈している人も多くいます。
ノーファンデーションは正しくおこなえば、肌トラブルを減らしたり肌への負担が減り素肌が綺麗になったりします。
肌への負担が少ないと言う事は将来の肌のためにも良いと言うことです。
良いことばっかりですね。
モデルさんや女優さんなども普段はノーファンデーションをやっている人も多いようです。
是非正しい方法を覚えて挑戦してみてはどうでしょうか。

 

そしてせっかくお肌に良いベースメイクをするのでアイメイクや落とし方も肌に優しいものにしてみてはどうでしょうか
アイメイクや落とし方も考え直すだけで将来目元のシワやくすみ、ほうれい線などの対策になります。
今日からお肌に優しいこと始めましょう。

 

 

〜ノーファンデーションの方法〜
お肌に優しいベースメイク方法、それがノーファンデーションと言う方法です。
しかし、ノーファンデーション=ノーメイクではありません。
そこを間違っている人が多くやらないと言うことになってしまうようです。
しかし、お肌にためにもノーファンデーションと言う方法を覚えておきましょう。
お肌に良いだけでなく、朝の忙しい時間の時短にもなります。
おススメパウダーを紹介しています。

 

〜ミネラルファンデーションに注意〜
ノーファンデーションの時にコンシーラーの代わりに使うのがミネラルファンデーションです。
しかし、ここで注意が必要です。
ミネラルファンデーションも様々な情報があり、間違った情報を信じている人もいます。
そして、選ぶ際にも注意が必要なのです。
その注意点も書いてあります。
おススメミネラルファンデーションも紹介しています。

 

 

〜アイライナー&マスカラ〜
ベースメイクを優しいものにしたらアイライナーやマスカラも変えてみましょう。
これを変えることで目のまわりの色素沈着やまつ毛の抜け毛などの対策になります。
ベースメイクだけでなくアイメイクも優しいものに変えましょう。
おススメのアイライナー&マスカラを紹介しています。

 

 

〜クレンジングのポイント〜
クレンジングの際も注意しておきたいポイントがいくつかあります。
例えばクレンジング剤の種類です。
これだけを変えるだけでもお肌への負担はかなり減ります。
他にもいくつかポイントを紹介しています。

更新履歴